利用規約

MISS CLASSY 利用規約
この度は、MISS CLASSYへお越しいただき誠にありがとうございます。 MISS CLASSYは、下記の「MISS CLASSY利用規約(以下「本規約」といいます)」を承諾いただいた方にのみ提供させていただくサービスです。従いまして、利用者の皆様は、MISS CLASSYをご利用することで下記の規約に承諾していただいたこととみなさせていただきますのでご注意ください。

1 定義
1. 「サービス」とは、運営事務局ミスクラッシー(以下「ミスクラッシー」といいます)が提供する各種ウェブサイトにおいて、ミスクラッシーが提供する各種サービスのことを指します。

2. 
「コンテンツ」とは、寄稿者がミスクラッシーが提供する各種サービスのウェブサイトに掲載・送信した画像や映像、言葉、文等の情報を指します。

3. 
本条の定義は、特に断らない限り、本規約において、適用されます。

2条 本規約への同意
サービスを利用するには、本規約に同意する必要があります。本規約に同意できない場合は、ミスクラッシーが提供する各種サービスをご利用できません。

3条 規約の変更・追加
1. ミスクラッシーは、利用者等に事前に通知することなく、本規約の全部又は一部を任意に変更できるものとします。規約の変更・追加は、サービスを提供するウェブサイトに掲載した時点から効力を発するものと し、一切のサービスは、変更・追加後の規約によるものとします。

2. 
利用者等は、前項の内容を十分に理解し、定期的に本規約の最新の内容を確認する義務を負うものとし、ミスクラッシーに対して、規約の変更・追加に関する不知を申し立てることを禁止します。

3. 
ミスクラッシーは、規約の変更・追加により利用者等に生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切の責任を負いません。

4条 サービスの提供・終了・変更等
1. ミスクラッシーは、サービスにミスクラッシーまたは第三者の広告を掲載することができるものとします。

2. 
ミスクラッシーは、何らの予告なく、ミスクラッシーの任意の判断で、サービスの全部又は一部を終了・一時停止・変更・追加できるものとします。

3. 
ミスクラッシーは、前項のサービスの終了・一時停止・変更・追加に起因する一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、利用者に対して一切責任を負いません。

5条 紛争の解決・ミスクラッシーへの補償
利用者は、利用者が法令または本規約に違反して本サービスを利用したことに起因して(かかる裁判だけでなくクレームや請求などあらゆるトラブルを含みます。)、ミスクラッシーが直接的もしくは間接的に何らかの損害、損失または費用負担(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、ミスクラッシーの請求にしたがっ て直ちにこれを賠償または補償しなければなりません。

6条 準拠法・裁判管轄
本規約は、日本法に基づき解釈されるものとします。利用者等とミスクラッシーの間で生じた紛争については、その訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

7条 コンテンツに対する責任の所在
1. ミスクラッシーは、原則として、寄稿者がサービスに関連して発信又は掲載したコンテンツの内容、品質、正確性、信憑性、適法性(以下、他人の権利の非侵害を含みます)、最新性、有用性などの確認はしません。

2. 
ミスクラッシーは、利用者がミスクラッシーのコンテンツを利用することにより生じる直接的又は間接的な損害について、一切責任を負いません。

3. 
寄稿者がサービスに関連して発信又は掲載したコンテンツに関する一切の責任は、当該寄稿が負うものとします。

4. 
利用者は、寄稿者が発信又は掲載するコンテンツに対して、その内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性などを、利用者自身で判断する必要があります。

8条 システム等についての非保証
1. ミスクラッシーは、サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルスなど有害なものが含まれていないことについては、一切保証しません。ミスクラッシーは、サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルスなど有害なものが含まれていたことにより生じた一切の損害について、直接損害か間接損 害か否か、予見できたか否かを問わず、利用者に対して一切責任を負いません。

2. 
ミスクラッシーは、本サイトへのアクセス不能、利用者のコンピュータにおける障害、エラー、バグの発生等について、一切の責任を負いません。

3. 
ミスクラッシーは、コンピュータ、システム、通信回線などの障害により、利用者が被った一切の損害(データ消失、システムの中断、不正アクセスなど)について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切責任を負いません。

9条 広告・リンク先に関する損害
1. ミスクラッシーのウェブページに掲載されている広告によって、利用者に生じる損害に関し、ミスクラッシーは一切責任を負いません。

2. 
寄稿者が書き込んだ他のウェブサイトやリソースへのURLにより、そのリンク先で生じた直接的又は間接的な損害について、ミスクラッシーは一切責任を負いません。

10条 著作権侵害の場合の取扱い
1. ミスクラッシーは、第三者の知的財産権を尊重しております。

2. 
万一、ミスクラッシーが提供するサービス内において、ご自身の著作物の著作権が侵害されている場合には、ミスクラッシーに対して書面の郵送をもって、以下の情報をお送りください。その際、書面を作成された者が、著作権者か又は著作権者から正当な代理権を与えられた方であることを証明する書類を添付してください。
1 著作権者の氏名、捺印、住所、電話番号、電子メールアドレス
2 申告者が著作権者ではなく、著作権者から法律上の正当な代理権を与えられた方の場合、上記(1)に加えて、当該代理人の氏名、捺印、住所、電話番号、電子メールアドレス
3 著作権が侵害されていると主張する著作物の作品名等、著作物についての内容
4 著作権が侵害されていると主張する著作物の利用等が、著作権者に無断で行われていると判断した法律的な根拠
5 著作権が侵害されていると主張する著作物の掲載場所と保管場所
6 著作権が侵害されていると主張するミスクラッシーのウェブサイトのURLと画面を印刷した画像

3. 
前項に基づき書面をお送り頂いたとしても、それにより、ミスクラッシーが何らかの行為を行うことを保証するものではございません。また、郵送頂いた書面は、いかなる場合でも、お返しすることができません。

4. 
著作権以外の権利の侵害については、本条に準じて取り扱うものとします。

11条 インターネット接続環境
1. サービスをご利用いただくためには、インターネットに接続する必要があり、利用者の費用と責任において、サービスを利用するために必要となる回線・ 機器・ソフトウェアその他一切の手段をご用意いただくことが必要となります。その通信手段・機器・ソフトウェアの設置や操作についても、会員の費用と責任 において、適切に行っていただく必要があります。

2. 
ミスクラッシーは、前項の機器等の準備、設置、操作に関し、一切関与せず、利用者に対するサポートも行いません。

3. 
利用者は、サービスを利用する過程で、種々のネットワークを経由することがあることを理解し、接続しているネットワークや機器等によっては、それら に接続したり、それらを通過するために、データや信号等の内容が変更される可能性があることを理解したうえで、サービスを利用するものとします。

12条 禁止行為
1. ミスクラッシーは、サービスに接した利用者が、下記各号に掲げる行為を行うことを禁止します。以下の禁止事項は、ミスクラッシーにより適宜追加修正される場合がありますの で、利用者は、サービスの利用にあたり、常に最新の内容を確認する義務を負うものとします。
1 法令に違反する行為と表現本規約の精神に照らして不適切とミスクラッシーが判断する行為
2 ミスクラッシーのご利用上の注意に反する行為ミスクラッシーのサービス運営を妨げる行為
3 自分以外の人物を名乗る行為
4 他人の権利及び利益を侵害する行為
5 青少年の心身に悪影響を与える行為公序良俗に反する行為
6 他人が、理解することができなかったり、誤解や混乱をする虞のある行為他人のプライバシーを侵害したり、名誉を毀損したり、その他他人に精神的損害を与える行為他人に経済的損害を与える行為
7 他人に肉体的損害を与える行為
8 他人が迷惑や不快感を感じる虞のある行為
9 他人と紛争が生じる可能性のある行為
10 民族差別・人種差別を意識させるか又はそれらにつながる行為
11 倫理的視点で認められないとミスクラッシーが判断する行為
12 ミスクラッシーの事前の書面による許可なく、ミスクラッシーのサービス外のところで、ミスクラッシーが提供するあらゆるサービス、コンテンツ、情報、システム、機能、プログラム等の全部又は一部を利用する行為
13 商業用の広告、宣伝を目的とした行為
14 選挙運動に関するあらゆる行為
15 コンピュータウィルスの送信など、コンピュータの機器や回線、ソフトウェア等の機能に悪影響を及ぼす行為
16 ミスクラッシーが提供するサービスに繋がっているサーバーやネットワークに対して悪影響を及ぼす行為
17 ミスクラッシーがサービスを提供する上で関係するあらゆるシステムに対して、不正にアクセスする行為
18 ミスクラッシーが提供するインターフェイスとは別の手法を用いてサービスにアクセスする行為
19 ミスクラッシーのウェブサイトに関連するシステムやソフトウェアのセキュリティホールやエラー、バグ等を利用した行為
20 ミスクラッシーのウェブサイトに関連するシステムやソフトウェア、プロトコル等をリバースエンジニアリングや逆アセンブルなどの手法により解読する行為
21 ミスクラッシーのウェブサイトに関連するシステムやソフトウェア、プロトコル等の改ざん、修正等の行為
22 ミスクラッシーのウェブサイトに関連するシステムやソフトウェア、プロトコル等の複製、二次利用の行為
23 その他、ミスクラッシーが不適切と考える行為

2. 
利用者が第1項に掲げる禁止事項を行った場合、故意過失を問わず、当該利用者が、当該禁止事項により損害を受けた利用者及び第三者に対する損害賠償 責任を含む、一切の責任を負うこととします。ミスクラッシーは、当該禁止事項により生じる直接的及び間接的な損害に関して、一切の責任は負わないものとします。

3. 
万一、利用者が第1項に掲げる禁止事項を行ったことにより、ミスクラッシーが損害を被った場合は、当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。

13条 ミスクラッシーの知的財産権
ミスクラッシーのサービスに含まれる工業所有権、ノウハウ、プログラム、著作権その他の知的財産権及びそれらに関連する全ての権利はミスクラッシーに帰属するものとし、あらかじめミスクラッシーより書面による承諾を得た場合を除いて、これらの複製、販売などはできないものとします。

14条 第三者の知的財産権の尊重
1. 利用者は、寄稿者及び第三者の知的財産権を尊重する義務があります。

2. 
利用者は、権利者及び権利者から許諾を受けた者が権利を有していることを強く記憶に留め、サービスを利用する義務があります。

3. 
利用者が前項の義務を怠ったことにより、権利者又は権利者から許諾を受けた者との間で紛争が生じた場合は、利用者の責任と費用で解決するものと し、ミスクラッシーには一切迷惑をかけないものとします。万一、ミスクラッシーが損害を被った場合は、利用者はミスクラッシーに当該損害を賠償する責任を負います。

4. 
ミスクラッシーが提供するサービスだけでなく、広告主の広告宣伝等についても、著作権・商標権・意匠権をはじめとする権利により保護されていることにご注意ください。

以上


2017年4月1 制定

Instagram

Pinterest


CONTACT

≫LINEの方はこちら
メールの方はこちら

Advertise

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

TRANSLATE