海外コスメによくある「クルエルティーフリー」とは?おすすめブランドもチェック♡

23:07

Hi Beautiful!

みなさま、こんにちは。
動物の動画をみて、よく泣くリリィです。

さて、海外コスメを愛用している方なら見たことがある『クルエルティフリー(Cruelty Free)』という表示。実はこれ、動物実験を使っていない化粧品に使われる表現なのです。海外では、動物の権利運動が盛んに行われており、近年では化粧品を製造する際に動物実験を行なっていないクルエルティフリーが主流となってきています。



現に、海外コスメで世界中の女性から人気のあるブランドは、クルエルティーフリーであることが多く、事実上は化粧品を製造するのに動物たちを傷つける必要が無くなっていることを表しています。すでにEUでは化粧品の製造に伴う動物実験は禁止されており、アメリカでも行なっている会社は減っているようです。


日本で身近なブランドで言えばイギリスの『LUSH(ラッシュ)』が、動物実験反対のウサギのマークを紙袋に取り入れるなどクルエルティフリーを大々的に公表していますよね。残念ながら日本の化粧品会社では、新しい成分を含んだ化粧品を製造する際に限りますが、まだ動物実験が行われているのが現状です。

そこで今回は、クルエルティフリーを取り入れた、海外コスメのブランドをご紹介していきたいと思います。動物実験は絶対反対の方、ヴィーガンやベジタリアンと言う方は、海外コスメを購入をする際の基準にしていただければ幸いです!


ハイブランド

誰もが憧れるハイブランド(高価格帯)の海外コスメブランド。近年では、クルエルティフリーを取り入れているブランドも多く、ヴィーガンの方にも大人気。発色がよく長持ちするものも多く、コスパ抜群です。

・Tarte (タルト)
・Anastasia Beverly Hills (アナスタシア)
・the Balm (ザ・バーム)
・bare mineral (ベアミネラル)
・NARS (ナーズ)
・BECCA (ベッカ)
・UrbanDecay (アーバンデーケイ)
・Kat Von D (キャットヴォンディ)
・Too faced (トゥーフェイス)
・it Cosmetics (イットコスメティックス)
・smashbox (スマッシュボックス)
・HOURGLASS (アワーグラス)
・ILLAMASQUA (イラマスカ)
・BUXOM (バクサム)
・CARGO (カーゴ)


ドラッグストア

比較的安価でありながら、優秀さが光るドラッグストアコスメ。近年では通販のみで展開しているブランドも多く、人件費や店舗費を削減することで良質な海外コスメがお手頃価格で手に入ります。もちろん、安価であっても動物を傷つけないクルエルティフリーを実現しているブランドも多く、嬉しいですね。

・Milani (ミラニ)
・ColourPop (カラーポップ)
・jourdana (ジョルダナ)
・Physicians Formula (フィジシャンズフォーミュラ)
・NYX (ニクス、エヌワイエックス)
・e.l.f (エルフ)
・BH Cosmetics (BHコスメティックス)
・makeupgeek (メイクアップギーク)
・pixi (ピクシー)
・wet n wild (ウェットアンドワイルド)
・sugarpill (シュガーピル)
・LIME CRIME (ライム クライム)


いかがだったでしょうか。
まだまだ課題も多く、全ての海外コスメ、日本コスメをクルエルティフルーにすることは難しいかもしれませんが、多くのブランドの企業努力もあり少しずつ改善されてきています。

私たち消費者の考え方も変われば、きっとより早く多くの化粧品のクルエルティフリーが実現するはず!ぜひこういった視点からも化粧品に興味を持っていただけると嬉しいです。

では、また次回。
Love you, xoxo♡



関連の記事はこちら!▼

過去の記事 一覧

Instagram

Pinterest


CONTACT

≫LINEの方はこちら
メールの方はこちら

Advertise

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

TRANSLATE