【2018年メットガラ】まるでヴィラン?ベラ ハディッドの最新ドレス

10:02

Hi Beautiful!

みなさま、こんにちは。

現地時間、2018年5月7日(月)に開催された、ファッションの祭典『MET GALA(メットガラ)』に出席した人気モデルのベラ ハディッド。全身を真っ黒に染めたゴシックなドレス姿でレッドカーペットに登場してきました。


そのクールなフェイスと、強めのゴシック感からまるでディズニー映画に出てくるヴィランを思わせる姿に会場は大盛り上がり。今回は、いち早くベラ ハディッドのメットガラでのドレス姿をご紹介したいと思います。


2018年メットガラ

GETTY IMAGE

今年のテーマは「Heavenly Bodies:ファッションとカトリックの想像力」とあり、今年のメットガラには、キリスト教の司祭を思わせる襟の高いジャケットと、手元のレザーグローブ、黒の素材を見事に組み合わせたシックな印象に仕上げていますね。アクセサリーとカスタムドレスは『Chrome Hearts x Gareth Pugh』のコラボ。



2018年メットガラ

GETTY IMAGE

黒のドレスにスパイスを与えてくれるアクセサリーは同じく『クロムハーツ』。クロムハーツの創業者の娘であり音楽家のジェシー ジョー スタークと親しいこともあり、今年ブランドとのコラボ商品が実現したベラ。特に長いベール付きのヘッドピースは10ポンド(約4.5kg)もあるそう。メイクは極力シンプルに、ベラ本来の美しさが際立ちますね。


2018年メットガラ

GETTY IMAGE

去年はアレクサンダー・ワンの大胆なキャットスーツで会場の視線を独占したベラ。今年も期待を裏切らない妖艶でゴシックなドレス姿には感服ですね。


いかがだったでしょうか。
今年の素晴らしいドレスの多い2018年のメットガラ。まだまだ紹介しきれていないセレブもたくさんいるので、ぜひ期待していてくださいね。

では、また次回。
Love you, xoxo♡

関連の記事はこちら!▼

過去の記事 一覧

Instagram

Pinterest


CONTACT

≫LINEの方はこちら
メールの方はこちら

Advertise

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

TRANSLATE