新生テイラースウィフト新作アルバム発売!新曲は誰について??

11:10

Hi Beautiful!

みなさま、こんにちは。

ちょいワルな感じのテイラーも好きになってきたリリィです笑

先日、ついに人気の歌手テイラー スウィフトの新作アルバム『reputation(レピュテーション)』が発売開始。カントリーから見事ポップシンガーに転身した『新生テイラー スウィフト』を感じられる楽曲が収録されたアルバムとなっています。


とてもキャッチーで優秀なシンガーソングライターのテイラー。恋愛多き歌姫は、元彼への「復讐ソング」でよく知られているため、今回のアルバムもやはり気になるのが『誰についての曲か?』ですよね笑

そこで今回は、新作アルバムに収録されている楽曲を紹介しつつ、誰についての曲なのかを、本人からの証言や過去のゴシップなどを参考にわかりやすくまとめてご紹介したいと思います。よりテイラーの曲を楽しむ要素にはなるはず♡

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね٩( 'ω' )و ✨




1. __READY FOR IT

誰について?:ジョー アルウィン

当初は歌詞のフレーズから、元彼のハリー スタイルズのことかと噂されていましたが、PVではジョー アルウィンに関する数字や文字(誕生日や名前)が、壁や暗証番号に使われていることから、今の恋人に関する曲だという説が濃厚です。





2. END GAME

誰について?:ジョー アルウィン

こちらの曲のテーマは、最後の恋。ずっと一緒にいたいという気持ちが込められていることから、今の恋人についてだと思われます。今までは、すぐに恋をしては破局を繰り返すことで知られる恋多きテイラー。しかし、今お付き合いをしているジョー アルウィンとはゴシップを避け、しっかりと愛を育んでいることから、これが最後の恋になるということでしょうか。



3. I DID SOMETHING WRONG

誰について?:カルヴィン ハリス、トム ヒドルストン、カニエ ウェスト、キム カーダシアン

昨年カニエ ウェストとの確執で、世間から『蛇 (スラングで嫌なやつ、裏切り者)』と言われ大炎上したテイラー スウィフト。でもそれを逆手にとり、みごと悪役として今年完全復活を果たしましたね。こちらの一曲では、それぞれに対する心情を表ており、聴いていてちょっと面白い気持ちになりました笑

冒頭の、"I never trust a narcissist" や "If a man talks shit, then I owe him nothing"は、破局後にツイッターで作曲についてバトルしたカルヴィン ハリス

また、"I never trust a playboy"や"So I fly ‘em all around the world"は、国を跨いで交際をしていたイケメン俳優のトム ヒドルストン

最後に、"They’re burning all the witches, even if you aren’t one"や"They got their pitchforks and proof, Their receipts and reasons"では、キム カーダシアンがスナップチャットで公開した例の動画についてだと思われます。





4. DON'T BLAME ME

誰について?:ジョー アルウィン

冒頭では、"I've breakin' hearts a long time, and toyin' with them older guys"とあり、今まで付き合ってきた男性たち(元カレ)を傷つけて弄んだことを認めていますね。例の一件で彼女の評判がガタ落ちして以降は、世間から姿を消しジョー アルウィンと交際を開始したテイラー。歌詞内では今回の交際は他の恋とは違い、真剣であることを強調していることから、やはりジョーについてというのが濃厚です。



5. DELICATE

誰について?:ジョー アルウィン

曲の冒頭では、"My reputation never been worseー私の評判は最悪にー"とあり、カニエ ウェストとの確執を経て、ゴシップだけでなく、恋愛にもとても慎重になっている心情を語っているもよう。また、”Dark jeans and your Nikes look at you”と、登場する男性がダーク色のジーンズとナイキのスニーカーを着用していることから、ファンの間では、NYでテイラーのアパートから出てきた二人についてではないかと言われています。





6. LOOK WHAT YOU MADE ME DO

誰について?:カニエ ウェスト、キム カーダシアン

歌詞の全てが、カニエ ウェストに対するものだと丸わかりなくらいダークでネガティブなフレーズ満載の内容の一曲。昔のテイラーではなくなってしまったことを世界中が痛感した話題の一曲ですね。




7. SO IT GOES...

誰について?:ジョー アルウィン

具体的に誰についてかは、歌詞内で言及していませんが、"see you in the dark"と評判が落ち、暗い時期を共に過ごしたジョー アルウィンについてという説が多いですね。


8. GORGEOUS

誰について?:ジョー アルウィン

新しい男性に、気のあるそぶりを見せる色気のある一曲ですよね。歌詞に出てくる元彼がクラブでお仕事をするDJのカルヴィン ハリスであることから、当初は次の彼であるトム ヒドルストンのことかと思われていましたが、彼女の関係者によるとジョー アルウィンについてとのこと。






9. GETAWAY CAR 

誰について?:トム ヒドルストン

ファンの間では、元カレのトム ヒドルストンとの関係を表ているのではないかと言われています。カルヴィンと付き合っているにも関わらずトムとも噂されていたテイラー。歌詞にもあるように、まるで逃走車(Getaway Car)に乗るような、お互いに後ろめたさのある恋だったのかもしれませんね。





10. KING OF MY HEART

誰について?:ジョー アルウィン

歌詞に様々なヒントを散りばめ、曲に深みを与えるテイラー。この曲では、高級車の車種が登場しており、レンジローバーはカルヴィン ハリスジャガーはトム ヒドルストンの愛車として知られていますよね。今度の恋はそのどれとも違うと語っていることから、やはりジョーについてみたいですね。



11. DANCING WITH OUR HANDS TIED

誰について?:カルヴィン ハリス

歌詞内にて、テイラーが25歳であることや透明のロケットのネックレスが登場していることから、当時付き合っていたカルヴィン ハリスについてだと思われます。(カルヴィン ハリスは、付き合って1周年記念日にハートのロケットをテイラーに贈っている)





12. DRESS

誰について?:ジョー アルウィン

"Flash back when you met me, Your Buzzcut and my hair bleachedー出会ったときのことを思い出す、スポーツ刈りのあなたと、金髪に染めた私を"という歌詞から、2016年開催のメットガラ出席時の二人の様子だと思われます。実際、二人が初めて出会ったのはこのパーティーなので、納得かも。





13. THIS IS WHY WE CAN'T HAVE NICE THING

誰について?:カニエ ウェスト、キム カーダシアン

明らかに、テイラーと揉めに揉めているウェスト夫妻への攻撃とも取れるフレーズ満載の一曲。テイラーが彼らへの復讐を決意したと関係者が語っている以上、これからどうなっていくのかすごく気になりますね。転んでもタダでは立ち上がらないテイラー、かなりのつわものですね笑





14. CALL IT WHAT YOU WANT

誰について?:ジョー アルウィン

真摯で純粋な、以前のテイラーを感じさせるアルバムの中でも断トツでリリィのお気に入りのラブソング。今の恋人であるジョー アルウィンに対する愛情や純粋な気持ちを感じ取れる素敵な一曲となっています。





15. NEW YEAR'S DAY

誰について?:ジョー アルウィン

こちらも具体的な描写はないので、あくまで推察ではありますが、"You and Me forevermore"などから、ジョーアルウィンについてではないかと言われています。また、テイラーは、アメリカの人気番組『サタデーナイトライブ』でこの曲を披露し、司会のジミー ファロンが涙目になる場面も。というのも、歌詞内にある”squeeze my hand three timesー3回手を握る”という行為は、ジミーにとって特別なことで、今は亡き母との大切な思い出でもあったからです。テイラーとジミーの友情が伺えるとても素敵な曲ですね。





いかがだったでしょうか。
あくまで全て推察や私が感じ取った感想なので、参考程度にしていだたければと思います笑。でもせっかくテイラー スウィフト待望の新作アルバム、ちょっとした裏事情を知って、少しでも曲を楽しむ手助けになれば嬉しいです。

では、また次回。
Love you, xoxo♡



関連の記事はこちら!▼

過去の記事 一覧

Instagram

Pinterest


CONTACT

≫LINEの方はこちら
メールの方はこちら

Advertise

CONTACT

名前

メール *

メッセージ *

TRANSLATE